離婚届の書き方(記入例つき)【証人・本籍・住所・子供の親権について】

戸籍の届出【書き方指南】TOP>離婚届の書き方(記入例つき)【証人・本籍・住所・子供の親権について】

■トピックス
離婚届とは
離婚届の書き方と記入例【筆頭者別】

※注意
このページでは協議離婚の離婚届の書き方を解説します。
裁判や調停等の離婚に関してはお近くの弁護士さんか司法書士さんへご相談ください。



■離婚届とは
協議離婚の場合、離婚届が受理されることで夫婦であった者は離婚が成立することとなります。
調停離婚や裁判離婚の場合は、調停が成立や判決によって離婚が成立することとなります。
なので、協議離婚の離婚届は、創設的届出となり、
調停離婚や裁判離婚の場合の離婚届は報告的届出となります。

離婚届が届出されると、戸籍上では、筆頭者でなかった者が夫婦の戸籍から除籍され
新しい戸籍を作るか、元の戸籍に戻ることとなります。


スポンサーリンク




■離婚届の書き方と記入例【筆頭者別】

筆頭者が夫である場合の離婚届の書き方】


日付欄:
届出年月日を書きます。
窓口に持っていったときに記入しても大丈夫です。

氏名・生年月日欄:
夫、妻それぞれの現在の戸籍謄本の通りに、
つまり離婚する前の氏名と生年月日を書き入れます。
よみがなは平仮名で書きます。
生年月日は昭和○○年や平成○○年と書いてください。
S○○年、H○○年はダメです。

所欄:
現在の住民票の通りに住所と世帯主の氏名を書き込みます。
転入届や転居届などの住民票異動の手続きを同時に行う場合
新住所地と新世帯主を記入してください。
参考ホームページ住民票移動の手続き

本籍欄:

現在の戸籍謄本の通りに、
つまり離婚前の本籍と筆頭者の氏名を書き込みます。

父母の氏名・父母との続柄欄:
夫、妻それぞれの実父母の氏名と続柄を書きます。
父母が離婚している場合は、それぞれ離婚後の氏名を書きます。
実父母とは別に養父母がいる場合は、
離婚届の「その他」の欄に養父母の氏名と続き柄を書きます。

離婚の種別欄:
□協議離婚のところにチェック(レ)を入れます。

婚姻前の氏にもどる者の本籍欄:
は にチェック(レ)を入れます。

□もとの戸籍にもどるにチェック(レ)を入れるケースというのは
例えば妻の親の戸籍に戻る場合です。

□新しい戸籍をつくるにチェック(レ)を入れるケースというのは
例えば妻を筆頭者とする新しい戸籍を作る場合です。
もとの戸籍、または新しい戸籍の本籍と筆頭者の氏名を書きます。

ただし、「離婚の際に称していた氏を称する届け出」を
離婚届と同時に出す場合は、ここは空欄となります。
→参照:離婚の際に称していた氏を称する届の書き方

未成年の子の氏名欄:
夫が親権を行う子、または妻が親権を行う子の氏名を書き入れます。
子が複数いても全員の名前を書きます。

同居の期間欄:
同居を始めたときから別居したときまで、大体の期間を書き入れます。

別居する前の住所欄:
別居していた場合は、別居する前の住所を書きます。

居する前の世帯のおもな仕事欄:
世帯のそれぞれ当てはまる箇所にチェック(レ)を入れます。

夫婦の職業欄:
夫の職業と妻の職業は国勢調査のある年に書き入れます。

【もっと詳しく】婚姻届・離婚届・出生届・死亡届の国勢調査時の「職業」について

その他欄:
特に書くことがなければ空欄となります。、
書くことがあっても、各役所によって書き込む文言が微妙に違ってきます。
事前に役所の人と相談しながら書き入れてください。


出人の署名押印欄:
夫・妻それぞれについて
現在の氏名…、つまり離婚する前の氏名で署名します。
印鑑も離婚前の印影となります。
印鑑は認印で大丈夫です。(※チャチハタ不可)

証人欄:
20歳以上であればどなたでも構いません。
友人・親・親戚などなど。
署名押印のところは必ず証人本人から書いてもらってください。
また住所・本籍のところも、できれば証人本人から書いてもらってください。
住所や本籍も証人本人しかわからないのが普通ですので。

連絡先欄:
連絡先を書き入れます。


捨て印について:
書き損じがあった場合、捨て印があれば訂正が可能です。
・一字削除
・二字訂正
・一行削除など
ぜひ離婚届の欄外には、夫婦の捨て印や
証人の捨て印を押しておきましょう。

「未成年の子がいる場合は、次の□に当てはまるものにしるしをつけてください。」
というところには
面会交流欄:
□取り決めをしている □まだ決めていない のいずれかにチェック(レ)を入れてください。
養育費の分担欄:
□取り決めをしている □まだしていない のいずれかにチェック(レ)を入れてください。

筆頭者が夫である場合の離婚届の記入例】






筆頭者が妻である場合の離婚届の書き方】

日付欄:
届出年月日を書きます。
窓口に持っていったときに記入しても大丈夫です。

氏名・生年月日欄:
夫、妻それぞれの現在の戸籍謄本の通りに、
つまり離婚する前の氏名と生年月日を書き入れます。
よみがなは平仮名で書きます。
生年月日は昭和○○年や平成○○年と書いてください。
S○○年、H○○年はダメです。

住所欄:
現在の住民票の通りに住所と世帯主の氏名を書き込みます。
転入届や転居届などの住民票異動の手続きを同時に行う場合
新住所地と新世帯主を記入してください。
参考ホームページ住民票移動の手続き

本籍欄:
現在の戸籍謄本の通りに、
つまり離婚前の本籍と筆頭者の氏名を書き込みます。

父母の氏名・父母との続柄欄:
夫、妻それぞれの実父母の氏名と続柄を書きます。
父母が離婚している場合は、それぞれ離婚後の氏名を書きます。
実父母とは別に養父母がいる場合は、
離婚届の「その他」の欄に養父母の氏名と続き柄を書きます。

離婚の種別欄:
□協議離婚のところにチェック(レ)を入れます。

婚姻前の氏にもどる者の本籍欄:
は にチェック(レ)を入れます。
□もとの戸籍にもどるにチェック(レ)を入れるケースというのは
例えば夫の親の戸籍に戻る場合です。
□新しい戸籍をつくるにチェック(レ)を入れるケースというのは
例えば夫を筆頭者とする新しい戸籍を作る場合です。
もとの戸籍、または新しい戸籍の本籍と筆頭者の氏名を書きます。
ただし、「離婚の際に称していた氏を称する届け出」を
離婚届と同時に出す場合は、ここは空欄となります。

未成年の子の氏名欄:
夫が親権を行う子、または妻が親権を行う子の氏名を書き入れます。
子が複数いても全員の名前を書きます。

同居の期間欄:
同居を始めたときから別居したときまで、大体の期間を書き入れます。

別居する前の住所欄:
別居していた場合は、別居する前の住所を書きます。

別居する前の世帯のおもな仕事欄:
世帯のそれぞれ当てはまる箇所にチェック(レ)を入れます。

婦の職業欄:
夫の職業と妻の職業は国勢調査のある年に書き入れます。

【もっと詳しく】婚姻届・離婚届・出生届・死亡届の国勢調査時の「職業」について

その他欄:
特に書くことがなければ空欄となります。、
書くことがあっても、各役所によって書き込む文言が微妙に違ってきます。
事前に役所の人と相談しながら書き入れてください。


届出人の署名押印欄:
夫・妻それぞれについて
現在の氏名…、つまり離婚する前の氏名で署名します。
印鑑も離婚前の印影となります。
印鑑は認印で大丈夫です。(※チャチハタ不可)

証人欄:
20歳以上であればどなたでも構いません。
友人・親・親戚などなど。
署名押印のところは必ず証人本人から書いてもらってください。
また住所・本籍のところも、できれば証人本人から書いてもらってください。
住所や本籍も証人本人しかわからないのが普通ですので。

連絡先欄:
連絡先を書き入れます。


捨て印について:
書き損じがあった場合、捨て印があれば訂正が可能です。
・一字削除
・二字訂正
・一行削除など
ぜひ離婚届の欄外には、夫婦の捨て印や
証人の捨て印を押しておきましょう。


「未成年の子がいる場合は、次の□に当てはまるものにしるしをつけてください。」
というところには
面会交流欄:
□取り決めをしている □まだ決めていない のいずれかにチェック(レ)を入れてください。
養育費の分担欄:
□取り決めをしている □まだしていない のいずれかにチェック(レ)を入れてください。

筆頭者が妻である場合の離婚届の記入例】





■離婚届の手続きの概要

【届出の期限】
・協議離婚の場合、期限はありません。
離婚の合意があってからいつでも届出できます。

【届出人】
夫・妻。

【届出先】
夫婦の本籍地または住所地の市区町村役場
郵送や代理人でも届出可能です。その場合は、本人確認のための通知が役所から本人に届きます。

【必要書類】
・離婚届 
・現在の戸籍謄本(全部事項証明) 
※夫婦の本籍地に届け出る場合は不要。
・一応印鑑
・届を持っていった方の運転免許証等の身分証明となるもの

■子供を母親の戸籍に入れるための手続きについて

夫を筆頭者とした夫婦が離婚した場合、
子供の親権者を母としたとしても
離婚届が受理されただけでは、
下の図のように子供は母親の戸籍には入りません。

離婚届が受理されたのち、親権者である母親の戸籍に子供を入れるためには
・家庭裁判所からの「子の氏の変更許可」
・役所への「入籍届」
を届出る必要があります。

入籍届についてはこちらを参照ください。



スポンサーリンク




↓他にも様々な戸籍の届出の書き方を紹介しています。↓
戸籍の届出【書き方指南】TOP